入浴剤

デオナチュレ足用は脇に使っても大丈夫?足用の正しい使い方や効かない噂も検証

暑い季節も寒い季節も、多くの人が気になる「足のニオイや汗」。そんな足に関するお悩みを解決してくれる人気商品が「デオナチュレ(足用処方)」です。

日本最大級のコスメ総合情報サイト「アットコスメ」でも、フットケア部門トップ10入りを果たす人気商品ですが、

  • 足用のデオナチュレってどんな商品なの?
  • 脇とも兼用できる?
  • どんな風に使うの?
  • 効果ないって聞いたけど本当?

など、やはり効果や使い勝手は気になるところ。
今回は、そんな”気になる商品”として話題の「デオナチュレ(足用処方)」について解説していきます。

デオナチュレ足用とは

そもそも、デオナチュレとはどのような商品なのでしょうか。

デオナチュレとは

デオナチュレとは、株式会社シービックから発売されている、制汗デオドラントシリーズです。

足用、ワキ用、ボディ用と、体の気になる部分にそれぞれ対応できるラインナップを揃えており、中でも「薬用ソフトストーンW(ワキ用)」は2021年アットコスメ主催のベストコスメアワードでデオドラント部門1位、「薬用ソフトストーン足指」は口コミランキングトップ10入りを果たす人気商品です。

デオナチュレの特徴

デオナチュレの特徴は主に「直(ジカ)ヌリ」「天然アルム石(焼ミョウバン)」「皮脂吸収成分」の3点あります。

直(ジカ)ヌリ

ワキの汗、ニオイを元から防ぐための「直(ジカ)ヌリ」を採用しています。これによって、有効成分がしっかりと肌に密着するため、朝に1回塗るだけで夜まで長く効果が続き、塗りムラも防ぐことが出来ます。

天然アルム石(焼ミョウバン)

抗菌効果と制汗作用のある「天然アルム石(ミョウバン)」に着目し、微細化した焼ミョウバンを配合しています。アルム石(ミョウバン)は、火山地帯の地下にある天然鉱物塩の1つで、古くはローマ時代から使われてきた世界最古の「天然のデオドラント」です。
アルム石には

  • においの元になる菌を寄せ付けない
  • 毛穴を引き締め汗を抑える
  • アルカリ性のにおい成分を中和する

など、上記の効果があり、デオナチュレシリーズの有効成分として効果を発揮しています。

皮脂吸収成分

デオナチュレの多くの製品には、皮脂を吸収してくれる「酸化亜鉛」が配合されています。この酸化亜鉛によって、ベタつきを防ぎ1日中さらさらに保ちやすくなっています。
(クリスタルストーン・さらさらデオドラントパウダー除く)

足用のデオナチュレとは

前述の通り、デオナチュレには足用、ワキ用、ボディ用それぞれに特化してラインナップされています。その中でも足用には、汗吸収パウダー(無水ケイ酸)やローズマリーエキス、ティーツリーハーブが配合されており、足特有のムレ・ニオイをしっかり防いでくれます。

足用には、スティックタイプの「ソフトストーン 足指」とチューブタイプの「足指さらさらクリーム」の2つが用意されており、好みに合わせて選択することができます。

使用パーツによって選ぶ商品が変わるデオナチュレ。
他のパーツに使っても大丈夫なのでしょうか。

脇に使っても大丈夫?

足用を含めデオナチュレに使われている成分は、化粧品にも使われている成分であるため、足用を脇に使用しても問題はありません。しかし、成分の配合や価格が違うため、違いを分かった上で使用したほうが良さそうです。

ワキ用と足用は成分が違う

同じデオナチュレシリーズでも、ワキ用と足用では配合されている成分が違います。

足用の製品には、「汗吸収パウダー(無水ケイ酸)」「ローズマリーエキス」「ティーツリーハーブ」が配合されており、中でも「ティーツリーハーブ」の香りは、ワキ用の製品と比較すると強くなっています。そのため、足用製品を脇に使用する場合は、香りを強く感じる可能性があるため注意が必要です。

足用を脇に使うのはコスパが悪い

また、気になるのが、「コストパフォーマンス」です。

今回は、スティックタイプの「ソフトストーンW(ワキ用)」と「ソフトストーン足指」を比較してみました。その結果、どちらも値段はほぼ変わりませんが、足用の内容量はワキ用の1/2以下の量しかありませんでした。
そのため、脇にデオナチュレを使いたいのであれば、足用ではなく正しくワキ用を使った方がコスパ良く使うことができます。

では、どのように使うのが正しいのでしょうか。

足用の正しい使い方

正しい使い方は、公式サイトにも載っています。

ソフトストーン 足指

スティックのダイヤル部を回し5~10mm程度くり出す。
乾いた清潔な足指の間、足指の付け根、足ウラ全体などにムラなく塗布する。
使用後はキャップをしっかり閉め直射日光や高温多湿を避けて保管する。

足指さらさらクリーム

チューブから片足分1cm程度出す。
乾いた清潔な足指の間、足指の付け根、足ウラ全体などにムラなく塗布する。
使用後はキャップをしっかり閉める。

ぬり方のコツ

  • 汗をかいている場合は、汗をふき取ってから使用する
  • 床、靴、衣類などにつかないよう注意する

ここでは正しい塗り方をご紹介しましたが、実はデオナチュレには「正しい塗り方をしても効かない」という噂もあります。

効かない噂は本当?

デオナチュレの効果について調べると、

「本気のワキガにデオナチュレは効かない。」
「評価の高さから満を辞して購入したが、効果はなかった。」
「多汗症の体質のせいか汗を止める効果は全くと言って良いほどありませんでした。」

といった、効果を感じることが出来なかったという方も見受けられました。

汗の量や匂いの程度によっては効果がを感じないかもかも

効果を感じないという人の意見を見ると、「もともと体の匂いが強いため効かなかったのではないか」「異常に汗をかく体質のため、効果を感じなかったのでは」と、もともとの汗の量や匂いの程度といった「個人差」が大きい要因と考えている人が多いようでした。

高評価と比べると少数派ではありますが、やはり人による効果の違いは一定数あるため、体質を考慮して検討するといいかもしれません。

まとめ

今回はデオナチュレ足用の特徴や体の他のパーツへの使用、効果がないという噂について調査しました。

この記事をまとめると・・・

  • デオナチュレとは、「直(ジカ)ヌリ」「天然アルム石(焼ミョウバン)」「皮脂吸収成分」という特徴を持った制汗デオドラントシリーズ
  • 特に足用製品には、「汗吸収パウダー(無水ケイ酸)」「ローズマリーエキス」「ティーツリーハーブ」が配合されており、足特有のムレ・ニオイをしっかり防ぐことが可能
  • ワキ用との違いは、成分配合と内容量
  • 汗やニオイの程度によっては、効果を感じにくい可能性

いかがでしたか?
口コミからも高い効果を期待できる「デオナチュレ足用」。
個人差はあるものの、それでも多くの人から太鼓判を押される人気デオドラント商品です。
季節ごとの足のムレやニオイが気になるといった辛い症状に悩まされているあなた。
一度試してみてはいかがでしょうか?