栄養ドリンク

レッドブルの紫はどこで売ってる?何味?通常との違いはある?

あの青い缶でお馴染みのレッドブルですが、紫のバージョンがあることをご存知でしょうか。

結構入手困難との噂があり、気になる存在ではあります。レッドブルは通常バージョンの味がとても美味しいので他のバージョンへの期待も高まりますよね。

ちなみに余談ですが、レッドブルの味はやはり世界中で人気が高く、電子タバコのフレーバーでレッドブル味もあるほどだそうです。

今回はそんなレッドブルの紫について

  • そもそもレッドブルの紫とは
  • どこで買えるか
  • 通常版との違い

について解説していきます。

レッドブルの紫とは

レッドブルパープルエディション

レッドブルの紫の正式名称はレッドブルパープルエディションと言います。

「レッドブルの紫」をまんま英語にした感じですが、響きはとてもかっこいいですね。

レッドブル紫の味

レッドブル紫(パープルエディション)の味はグレープ味です

味的にはかなりファンタグレープに近い!というよりまんまファンタグレープなのですが、後味はやはりレッドブル独特の鼻に抜ける香りがあります

うまく融合されていて病みつきになる味です。

実は昔にも販売されていた

実はレッドブル紫(パープルエディション)は2021年6月に限定商品として販売されていました。

その美味しさから売り切れるお店も続出したようで、すぐに入手困難となっていましたが、その後2022年3月に再販されています。

初回販売時はみなさんお店をはしごして探し回っていたようです!

すごい人気ですよね。

 

どこで売ってる?

レッドブルパープルエディション

レッドブル紫(パープルエディション)が復活したことを知らない人も多いのではないでしょうか?

それもそのはず。レッドブル紫(パープルエディション)はなんと自販機限定で復活しています!

売ってる自販機は特定できない

残念ながらレッドブル紫(パープルエディション)を販売している自販機を特定することはできませんでした。

自販機はラインナップが変わるサイクルも早いため、公式でのアナウンスもなく足で探すしかなさそうです。

ちなみに都内新宿近辺で探してみましたが、全然見つけられませんでした。やはりレア度は以前と変わりないようです・・・。

Twitterでコツコツ探す

Twitterではレッドブルマニアな方々が情報を提供してくださっているので、自販機の目撃情報をコツコツ探していくしかなさそうです。

情報をくれるだけでもとてもありがたいですよね。

 

通常版との違いは?

レッドブルパープルエディション

とてもレアなレッドブル紫(パープルエディション)ですが、通常版との成分の違いはあるのでしょうか。

ほとんど違いはない

通常版もパープルエディションも成分自体にはほとんど差異がありませんでした。以下では通常版とパープルエディションの成分比較を載せています。

通常版 パープルエディション
エネルギー 46kcal 47kcal
タンパク質 0g 0g
脂質 0g 0g
炭水化物 10.7g 11.0g
食塩相当量 0,20g 0.20g
ナイアシン 3mg 3mg
パントテン酸 2.0mg 2.0mg
ビタミンB6 2.0mg 2.0mg
ビタミンB12 2.0μg 2.0μg
アルギニン 120mg 120mg
カフェイン 32mg 32mg

レッドブル紫(パープルエディション)は爽やかなグレープ味ですが、もちろん果汁は使用されていません。香料でバリエーションを出しているのでしょうか。

いずれにしろ、成分がほぼ同じということはこちらも飲み過ぎには注意ということです。個人的にはファンタグレープのような味でついついダラダラ飲んでしまいそうな美味しさなので気をつけなければ・・・。

まとめ

いかがでしたか?この記事ではレッドブルパープルエディションの概要や売っている場所について解説しました。

この記事をまとめると

  • レッドブル紫は正式名称レッドブルパープルエディションで、グレープ味(美味しい!)
  • 実は再販商品であり、現在は自販機限定商品になっている
  • なかなか売っている自販機がなく、Twitterの情報で探すのが良い
  • 成分は通常とほぼ同じなので飲み過ぎには注意

 

パープルエディションはとってもレアなレッドブルですので入手するのも一苦労ですね。味的にはとっても美味しいので見つけたら即買いしたいものです!